資産運用

インデックス投資とは?インデックス投資こそが誰にでもできる最強の投資スタイルだ!

 

ども!おうどん(@oudon_oudon_)です!

私、おうどんはインデックス投資家です。

 

投資といえば、インデックス投資だけではなく、株の個別銘柄や債券、不動産、金などたくさんの投資対象がありますが、自分なりに勉強した上で株の個別銘柄ではなく、株式のインデックスに連動したファンドに投資をしていくことを決定しました。

 

インデックス投資はあの投資の神様、ウォーレン・バフェットも「低コストのインデックス・ファンドは、投資家の大多数にとって、最も聡明な投資だ」と言ったほど優位性のある投資です。

 

そんな、投資の神様にも認められたインデックス投資について「これから投資を始めてみたい!」という方にはもちろん、投資初心者の方にも分かりやすく、インデックス投資の魅力が伝わるように解説していこうと思います。

 

インデックスの基本

 

そもそもインデックス投資というのは投資信託の一種です。

投資信託ですので、基本的には個別銘柄を厳選して売買をしたりはせずに、ファンドに投資をして投資のプロが自分の代わりに運用を行ってくれます。

なので、自分自身には特別難しい知識がなくても気軽に投資をしていくことのできる初心者の方にもピッタリの投資スタイルです。

 

そもそもインデックス投資って?

 

インデックス投資とは??

日経225やNYダウなどの指標(=インデックス)の値動きと連動するような利回りを目指して運用する投資方法のこと

 

投資信託には先述した、指標と連動する値動きを目指したインデックス投資とインデックスを上回る利回りを狙いに行くアクティブ運用の2種類に大きく分類することができます。

 

インデックス投資では国内株式で言えば、日本企業を代表する225社の株価指標である日経平均株価(日経225)や、東証1部に上場している日本の大企業を対象にしたTOPIX、

米国株式であれば、米国を代表する25の企業の株価指標であるNYダウや、米国を大ヒョする500の企業の株価指標であるS&P500など・・・

 

それぞれの指標であるインデックスに連動するような利回りをファンドが目指していきます。

 

あわせて読みたい
日本株ではなく米国株に投資すべき驚愕の事実ども!おうどん(@oudon_oudon_)です! 米国株式を中心に積立投資を行っている、私、おうどんですが、日本株ではなく米国株...

 

ですので、個別銘柄では、これだけの企業に分散して投資をすることはほとんど不可能ですが、分散投資を可能としたのがインデックス投資であり、

経済が右肩上がりに成長している限り、資産も右肩上がりに増やして行くことができます。

 

手数料も安く、基本的に「放ったらかし」でOKなので、投資初心者の方に一番オススメの投資手法といっても過言ではありません。

 

一方、アクティブ運用って??

 

アクティブ運用って?

インデックスを上回る利回りを目指した運用手法。インデックスが下落している相場でも利益を狙いにいくのがアクティブ運用です。

 

「インデックスを上回る利益を追求する」これがアクティブ運用です。

最近ではひふみ投信なんかが有名ですね。

 

ここ3年のトータルリターンは恐るべき19.55%

あのウォーレン・バフェットと同じくらいの投資成績を出しています。

 

こんなにも、ハイリターンの成績を残すことができるなら、

「アクティブファンドに100%投資した方が、資産も大きくすることができるんじゃない?」

という声が出てきてそうですが、現実はそうではないようです。

 

アクティブ運用のファンドに投資をすれば、このようなハイリターンを期待することもできますが、

「世にあるアクティブファンドの実績のほとんどがインデックスファンドに負けている」

ことは事実です。

 

現状、好調だったひふみ投信も今は少し低迷している模様です。

 

短期的な投資としてはアクティブ運用は魅力的かもしれませんが、長期的にコツコツ資産を大きくしていくという視点からすると、現に「多くのアクティブファンドがインデックスファンドに負けている」という事実を踏まえるとアクティブファンドへの長期的な投資は難しいのではないかと思います。

 

インデックスファンドと比較しても圧倒的にアクティブファンドの手数料は高いことも少し自分も含めた投資初心者の方には難しいところですね。

 

結局インデックス投資が最強なのでは?

 

という形で、インデックス投資の基本的なことをまとめてみました。

インデックス投資は正直に言うと、地味です。

 

投資手法としても、購入したら基本的にはホールド(保持)し続けるのみなので特にチャートを見たりする必要もありません。

僕たち投資家のすることは毎月淡々と買い増ししていくことのみで、知識に乏しい初心者の方にとても最適な投資スタイルです。

 

アクティブファンドのようなハイリターンを1年・2年という短期間のスパンで見込むことも不可能と言っても過言ではありません。

「一攫千金」と真逆の存在であるインデックス投資ですが、20年・30年・40年・・・と長期間でしっかりと資産を築いていくには最適な投資スタイルであると僕は考えます。

 

 

↑米国の主要企業500社の株価指標であるS&P500の30年チャートです。

30年前からこのS&P500に連動するインデックスファンドに投資していれば、30年でこれだけの資産を増やすことができたということです。

 

今後の米国経済がこのように右肩上がりに成長し続けていくかは不明ではありますが、今後30年もこのような成長を見せることも期待することができます。

短期的には大きな利益の残すことのできないインデックス投資ではありますが、長期的にこれだけの実績があることは将来的にも期待できるのではないでしょうか。

 

では、今日はここまで!!