資産運用

【複利の力】資産運用をするべき『超』大きなメリット

ども!おうどん(@oudon_oudon_)です!

 

皆さんは『複利』という言葉をご存知でしょうか?

あのアインシュタインに「20世紀人類最大の発明」と言わしたのがこの『複利』です。

 

結論からいうと、資産運用をする理由の最大のメリットはこの『複利の力』を最大限に活用できることではないかと僕は考えています。

ということで、20世紀人類最大の発明である複利と資産運用の関係性について1から説明していきます!

 

あわせて読みたい
【S&O500】30年チャート...

 

20世紀人生最大の発明『複利』とは?

 

そもそも、利息のつき方には2種類あります。

20世紀最大の発明と言われた『複利』と通常の『単利』の2つです。

この2つの違いを知ることで、貯金よりも資産運用をする優位性に気付けます。

 

単利と複利の違い

 

単利とは、預けた元本に対して利息が付きます。

一方で、複利とは預けた元本に加えて、付いた利息も元本に組み入れられ、この元本に対しても利息が付きます。

複利での運用を行っていくと、毎年毎年元本が増えて、増えた元本に対する利息も増えていくので、「雪だるま式」と呼ばれたりもします。

雪だるまも最初は小さくてもコロコロ転がしていると次第に大きくなっていくのと同じで、最初は少なかった元本も、長年運用をしていると、複利の力を借りてその元本はやがて大きなものになります。

 

簡単なイラストを使ってみてみましょう。

単利での運用では毎年の利息は関係なしに元本に対して運用が行われます。

一方で複利の増え方は以下のようになります。

こちらが複利での運用イメージになります。

1年目の運用による利益は2年目の元本に組み込まれ、110万の元本になり、110万円が2年目の元本として運用されます。

2年や3年といった短期間ではそこまで大きな差は出ないものの、下の図のように10年・20年と長期的に運用をしていくことで複利の力は本領を発揮します。

100万円を元本に20年間、年利10%で運用した場合の成績です。

図を見ればわかるように、8年を過ぎたあたりから単利と複利の差は大きく離れてきます。

そして、20年後には元本は2倍以上の差にもなっています。

 

以上から資産運用をするなら、単利での運用をするよりも、複利で運用をしていくことのできる金融商品に投資をしていく方が、圧倒的にお得で効率的に資産を増やすことができることがわかると思います。

これが、アインシュタインにも「20世紀最大の発明」と言わせた複利の力です。

 

複利の力を最大限に生み出すには??

 

複利の力は十分にわかってもらえたかと思います。

投資条件が同じならば、複利の方が効率的に資産を増やしていけることは、もう言うまでもありませんね。

では、20世紀最大の発明である『複利の力』を最大限に活かすためには何が必要なのでしょうか?

 

その答えは『時間』です。

 

時間こそが複利の力を最大限に発揮してくれる最大の武器なのです。

資産運用の基本は長期投資と分散投資です。

なぜ長期投資をするのかと言うと、この複利の力を最大限に生かすことができるからです。

 

あわせて読みたい
ウォーレン・バフェットも推奨するS&P500インデックス投資とは? ども!おうどん(@oudon_oudon_)です! 投資の神様ことウォーレン・バフェット氏も遺言で『現金の90%をS&am...

 

人はどうしても目先の利益を追求してしまいます。

なので、利回りが高くリスクの大きい金融商品や投資案件に手を出してしまいます。

 

しかし、長期的に20年・30年・40年と時間をかけて長期的に資産を築いていくことを目標にしている人は、そのようなハイリスクのものには手を出しません。

なぜなら、リスクを背負わなくても、複利の力を最大限に活用すれば、やがて大きな資産を築くことをできることを知っているからです。

 

複利の力を最大限に活用するために必要なものは『時間』です。

時間さえかければ、元本が少なくても、毎月の積立額が少なくてもやがて大きな複利の力を受けることができます。

 

ですので、資産運用は比較的時間のある僕のような20代・30代の若い人の方が有利に行うことができるのです。

40代になってから、老後の不安から資産運用の重要性に気付き、資産運用を開始するのは非常に不利です。

 

なぜなら、定年する60歳までに5000万円の貯金を作るという目標に対して40歳であれば残りは20年しかないからです(利回りを無視するために貯金を例に出します)

20年で5000万円もの貯金をするには、毎年250万円の貯金が必要です。

 

しかし、25歳から60歳までに5000万の貯金を作ることを目標とすれば、1年あたり143万円の貯金で構いません。(実際に資産運用で資産を構築していく場合は、運用による利益もあるので、毎年の投資額(貯金額)は少なくて済みます)

 

このように、長期投資において『時間』は圧倒的な武器になります。

毎月・毎年の投資額ももちろん重要ですが、投資額以上に『時間』は大きな力を発揮してくれます。

 

最後に

 

インデックスファンドへの長期投資は特別な知識や技術がなくても、時間という最大の武器が複利の力を最大限に生み出し、資産を築くことのできる有効な手段のひとつです。

長期的に資産を築くために、少額からでも資産運用を始めてみるのがおすすめです。

僕が実際に行う、インデックス投資は基本的に自分がやることは「毎月同じ日に購入するだけ」です。

特別、タイミングを見計らって売買する必要は一切ありません。

 

楽天証券なら楽天ポイントからも投資信託を購入することができるのでオススメです。

 

あわせて読みたい
【楽天ポイントで運用できる】楽天証券の口座を開設!所要時間は約10分? ども!おうどん(@oudon_oudon_)です! 株式を購入したり、投資信託を購入するためには証券口座が必要です。 ...