雑談

【疑問】「投資」と「資産運用」の違いは何なのか?

ども!おうどん(@oudon_oudon_)です!

私、おうどん。

ブログを書きながらふと疑問に思いました。

 

「投資」と「資産運用」この違いって何?

 

記事を書いてると「投資」と書いたり「資産運用」と書いたりゴチャゴチャになってしまうことが多々あります。

そこで調べてみました。

 

「投資」と「資産運用」の違いって?

Wikipediaに聞いてみる

 

投資」と「資産運用」の違いは何なのか?

その違いを探るべく、現代最強の百科事典であるWikipedia先生でそれぞれを調べてみました。

投資(とうし、英: investment)とは、主に経済において、将来的に資本(生産能力)を増加させるために、現在の資本を投じる活動を指す(現代において、生産能力の増加しない商業活動はこれに含まない)。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/投資

 

資産運用(しさんうんよう)とは、自身の持つ資産を貯蓄・投資し、効率的に資産を増やしていくこと。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/資産運用

 

とWikipediaに書かれていました。

意味的にはどちらも、自分が持っている資産(お金・株式・不動産など)を運用し、将来的にに資産を増やしていくことには違いはありません。

では、どこに違いがあるのでしょうか?

 

ニュアンス的な違い?

 

いろんなブログやサイトを調べてみましたが、違いはあまりピンと来ませんでした。

そこで自分なりに考えてみましたが、ニュアンス的な違いが一番大きいのではないか?という結論になりました。

 

大きくいうと、運用のリスクが低いのが資産運用で、より運用のリスクが高いのが投資というイメージです。

株に例えると、個別銘柄への投資が「投資」でインデックスファンドへの投資が「資産運用」というイメージになります。

 

また、投資の方が少し堅苦しいようなイメージを持つ方もいるでしょう。

 

世間的にも、「投資」というと詐欺だとか危ないだとか騙されてるだとかマイナスなイメージが付きがちですが、一方で「資産運用」は全くの初心者の方でも入口が広いような印象があるかと思います。

この辺りが一番の違いなのではないでしょうか?

 

資産運用として株や不動産に取り組む方はたくさんいますが、どちらも「株式投資」「不動産投資」と投資という単語がついて来ます。

このように、当然ですが投資や資産運用にはリスクが付き物ですが、そのリスクの大小の違いが「投資」と「資産運用」の違いになっているのではないか?という結論におうどんは行き着きました。

 

最後に

 

ということで、自分でも少し気になってモヤモヤしていた部分もあったので「投資」と「資産運用」の違いについて調べてみました。

大きな違いというのはあまり分かりませんでしたが、どちらにせよ自分の持つ有限な資産を効率よく運用していくことは必要不可欠ということは言うまでもありません。

 

これからも、僕自身も毎月資産運用を行いながらブログを更新し、資産運用に興味のある人にとって有益な情報をお届けできるようにがんばります!

では、今日はここまで!